ケチ

ケチ「ケチな男性は好きじゃない」
・・・というと、何でも買ってくれてご馳走してくれてというイメージを持つかもしれませんね。

私の言うケチはそうではなくて、精神的にケチな人が好きじゃないのです。
それはある恋愛経験をしたことに始まります。

その頃、お付き合いをしていた彼は何事においても「惜しい」という気持ちを持っている人でした。
時間についても、ショッピングデートなのに
「まだ?早くしろよ」と言う人。
食事に行っても、食べ終わると直ぐに席を立って話をする時間も作らない。
運転中も、いかに早く目的地に着くかしか考えていないのでちょっと寄り道なんてしない人でした。
金銭的な側面においても常に「○円かかるから嫌だ」などという事もよくありました。

金銭的な問題は「建設的」と思うことはできても、
精神的な部分においてはやはり気持ちに余裕が無い人だな~と思ってしまうんです。
そして、彼と一緒に居ること自体が私にとっては忙しない事のように思えてしまって。
そうして彼との交際そのものについて考えるようになり
私は彼とお別れをする事にしました。

「そんな理由なの?そんなヤツだと思わなかった。損した」
と彼は言いました。
最後まで彼はケチのままでした(苦笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check